コールセンター 派遣

コールセンターの派遣

派遣の仕組み

 

派遣の仕組みが分からないという方は
こちらのページを参考にしてください。

 

一般的には人材派遣と言われているものです。
正式には労働者派遣と言います。

 

労働者派遣は、「労働を提供する派遣社員」、「人材を派遣する派遣会社」、
「労働の提供を受ける派遣先企業」で成り立っています。

 

あなたを雇用し、お給料を支払うのが派遣会社になります。
仕事の指示や管理を行うのは、派遣先の会社、つまり勤務先になりますね。

 

「雇用する側」と「勤務する場所」が異なるのが、派遣で働くという大きな特徴になります。

 

勤務時間や待遇といった、労働条件の詳細については派遣会社との契約で決まり
日常の仕事は派遣先の会社とやりとりすることになります。

 

派遣としての働き方は、労働条件が重要で
働く人のメリットにもデメリットにもなりえます。

 

ここでは一般的な派遣で実際に働く場合のメリットとデメリットをご紹介します。

 

派遣のメリットは「選択できるという自由」です。

 

自分の条件に合わせて、仕事を選ぶ。
これが派遣の基本的なスタイルになります。

 

将来の目標、キャリアアップのため、スクール、趣味、育児など
ライフスタイルを大切にしながら、効率よく働けるというところが派遣の大きなメリットと言えます。

 

また、きちんとした目的や考えを元に派遣の仕組みを理解して
正社員を上回ることも可能になるのです。

 

<派遣のメリット>

 

1.自分のライフスタイルを大切にできる

 

自分の目標や、やりたいことを優先したい人はピッタリ!
勤務地や勤務時間などの条件を選んで働くことができます。

 

正社員に比べると、勤務先が選びやすいですね。

 

2.職種や仕事内容を選択することができる!

 

「一つの職種を極めたい!」
「様々な職種を体験したい!」

 

どちらのタイプにも非常に適したお仕事スタイルです。

 

3.様々な企業、職場を体験できる!

 

大企業やベンチャー企業など、様々な企業文化・習慣を体験することができます。

 

 

派遣のデメリットといえば、やっぱり「不安定!」

 

いつでも必ずお仕事を紹介してもらえるという保証は何もありません。
収入面において「不安定」になってしまう可能性があります。

 

自由な選択ができる代わりに、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

< 派遣のデメリット >

 

1.いつも仕事があるとは限らない

 

契約期間が満了になると、次の仕事をすぐに紹介してもらえるとは限りません。

 

2.大きな仕事は任されない

 

責任が重大な仕事だったり、大きな仕事を任せてもらえることはほぼありません。

 

3.ボーナスが出ない

 

時給はそれなりに高いですが、ボーナスが出ることはありません。